美容室は【色彩心理学】を利用して広告効果アップせよヽ(´▽`)/

      2017/03/13


美容室・美容院に特化した広告代理店!

株式会社TOP広告社の営業マン サイトーです!!

集客・求人・リピート率アップ・スタッフ教育・経費削減・広告戦略などのヒントになればと思っております♪

 

みなさんはサロンのチラシやリーフレット、ホームページなどを作るときに何を意識して作りますか???

サロンのカラーやイメージなどを落とし込む事が殆どかと思いますが【色彩心理学】に基づいて作ればより効果がある宣伝が出来るようになりますよ(# ゚Д゚)

 

今日は色彩心理学なかでも美容室の宣伝に最適な色をご紹介しますヽ(´▽`)/

 

もっとも有名なグレイッシュ(濁色)効果

→白や肌色などにわずかにグレーの色を配置すると広告全体に安心感が与えられるそうです♪ 見る人の抵抗感をなくす働きがあるので広告効果のアップが見込めます

 

生命力、行動力を加速させるレッド(赤)

→エネルギッシュな色として世界中に認知されている赤は消費者に強い衝動買いを促す効果があります、バーゲンセールやウェブサイトには欠かせないカラーなんでおすすめの商品を宣伝する時に使いましょう〆(._.)メモメモ

 

高級感や美意識を高めるパープル(紫)

→紫は他の色に混ざりにくく際立つので高級感のある商品ページに最適なんです、芸術面での効果も期待されていて楽器製造メーカーのYAMAHAのカラーも紫なんですね~

 

明るさや柔軟な印象を与えるイエロー(黄)

→保育士や子供と接する機会の多い職業では黄系のエプロンを着用しています、子供に安心感をあたえて懐きやすいカラーになっているのでキッズルームがあるサロンなどは黄色系に仕上げると○

 

いまや色使いの重要性は大手企業も研究しているほどに重要なものです、これは広告だけでなく美容師さんの服装などにも当てはまります!!

 

テレビ討論会でのケネディ候補は濃紺のスーツに白のワイシャツ、赤のネクタイを着用して有権者に若さとエネルギー、そして誠実さをアピールする事に成功しています、安倍総理は黄色のネクタイで親しみやすさをアピールしています(# ゚Д゚)

 

今一度サロンのホームページや印刷物、スタッフの服装などを見直して【色彩心理学】を取り入れてみてはどうでしょう??

 

ではまたあした!!!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
集客のプロフェッショナル達が
あらゆる角度からアナタのお店を
トータルサポート!!!
だから選ばれる、
美容に特化した広告代理店
トップ広告社


ホットペッパービューティー正規代理店
ホームページ制作・ワードプレスカスタマイズ等のWEB制作全般
チラシ・リーフ・看板等の印刷物全般

全て私達にお任せ下さい!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


ブログの定期購読はコチラをポチッと
↓↓↓



各種お問い合わせ、お申込みはコチラから
↓↓↓

貴店名/貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

郵便番号

住所

お問い合わせ内容 (必須)

この記事が役に立ったら拡散お願いします
↓↓↓

 - その他